製造業界の「情報を探す・質問する・疑問を解決する」に応える、情報共有コミュニティサイト「ものづくりGate」


お問い合わせ


HOME
製品紹介
お問い合わせ

環境に優しいねじ・ステンレス鋼高力ボルト・高強度ステンレスボルト

 完全クロムフリー対応 クロム0.0ppm

NCR ノンクロム亜鉛鍍金
  • 受け入れ・出荷検査
  • 環境調査
  • コストダウン
  • 保障契約
  • 大阪大学

ゼロクロム ゼロウィスカ
汎用的な表面処理の完全環境対応

亜鉛鍍金皮膜上に化成処理を施す最も汎用的な表面処理において、欧州より六価クロムが有害で地球環境や人体に悪影響を及ぼすという理由で、使用を制限し、三価クロムへの切り替わりが進行しました。
現在主流となった三価クロムクロメートは、様々な製品に採用されて環境対応表面処理として活躍しておりますが、ここにきて段階的対策の三価クロムクロメートの弱点や六価溶出基準強化の流れより次世代表面処理としてノンクロム亜鉛鍍金が要望され始めています。

ノンクロム亜鉛鍍金

人体や環境に悪影響を及ぼさない成分・物質を採用、たとえば植物から採れる酸化防止する物質を利用した薬品により処理された皮膜は、三価クロムクロメート同等の耐食性を備えており、六価クロムを一切含まない完全環境対応表面処理です。
(※各薬品会社により成分の違いはあります。)

ノンクロム亜鉛鍍金の利点
クロムフリーである為に有害物質の心配がない
環境調査において、六価クロム含有量の計算をする必要がない
六価溶出試験(受入検査)を行う必要がない
従来の表面処理加工会社で対応できるので、安定供給が見込める

ユーザーの環境に対する取り組み・方向性・方針によりノンクロムへの切り替わりは、早くも遅くもなります。企業の環境方針への取り組みは、企業価値が高まると共に、最大の目的である「地球環境」や「作業環境」に良い影響を与えます。製品作りに携わる一人一人が意識していくことが必要です。

eco MAX 高耐食電気亜鉛鍍金
eco MAX 高耐食電気亜鉛鍍金
太陽光パネルなどを作るときに使うねじ
ステンレスエアー抜きキャップ

プリンタ出力用画面
友達に伝える


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
メインメニュー

  広告掲載 |  利用規約 |  リンクキット |  運営会社 |  お問い合わせ 

Powered by MonodukuriGate © 2009-2010 (株)アイル