海外仮想通貨取引所 比較ナビ【BINANCE・BitMEX・HitBTCなど】

ヴェチェーン/VeChain(VEN)

ヴェチェーン/VeChain(VEN)のリアルタイムチャートや現在の価格などの最新情報から、ヴェチェーンの基本情報や特徴、買い方や購入可能な取引所まで完全網羅!今後の将来性も考察

ヴェチェーン

価格推移・チャート

 

現在の価格

VEN price:

1 VEN = 0.00044860 BTC
1 VEN = 308.020000 JPY

ヴェチェーンの最新情報

ヴェチェーンはビジネスとの相性が良い仮想通貨ということもあってか、注目している企業の数はとても多く、投資家からの受けも良いです。

特にコピー品や模造品の被害に悩まされているファッション業界からの注目度はとても高く、既にヴェチェーンと組むファッションブランドも存在しています。

ヴェチェーンに注目しているのはファッション業界だけではありません。2017年12月には国際的な大手コンビニチェーンとヴェチェーンがパートナーになったというニュースが話題を集めました。

このように、ビジネスの世界において注目度の高い仮想通貨ということもあってか、ヴェチェーンは上場して以降、順調に価格を上げている仮想通貨でもあります。

確かに2018年1月以降、仮想通貨バブル崩壊の悪影響を受けてか、ヴェチェーンの価格は下落しました。しかし、他の仮想通貨と比較すると、それほど大きく下落はしませんでした。それどころか、2018年4月頃には反転し、上昇し始めたほどです。

一時は8ドルから2ドルまで下落したものの、4月中旬には4ドル付近まで上昇しています。

ヴェチェーンは公開されて間もない新進気鋭の仮想通貨ですが、ビジネスにとって有益なプラットフォームを提供している利用価値の高い仮想通貨です。それだけに、今後も高値を更新し続ける可能性が高い有望な仮想通貨でもあります。



ヴェチェーンとは?その特徴を解説

VeChain(ヴェチェーン)とは、仮想通貨の一種です。通貨単位はVENです。時価総額20億ドル以上の人気仮想通貨です。

中国の企業であるBitSEがヴェチェーンの開発と運営を行っています。ヴェチェーンの特徴というと、他にはない独自のプラットフォームにあります。ヴェチェーンは真贋(しんがん)判定が行えるプラットフォームを提供している仮想通貨であり、将来性が期待されています。特に、偽ブランド品などの被害が横行している中国や東南アジアでの活躍が見込まれています。


ヴェチェーンの基本情報

ヴェチェーンは2017年8月に公開された仮想通貨で、発行上限は873,378,637VENです。

ヴェチェーンの最大の特徴は、真贋判定が行えるという他にはない独自のプラットフォームにあります。真贋判定とはその名称の通り、本物か偽物かを見極めることです。

現在、中国や東南アジアには、本物を騙る偽物の商品が多く出回っており、様々な被害を受けています。偽物といっても一見しただけでは本物と区別がつかないほど精巧なモノが多く、プロでもその真贋を見極めることは至難です。

しかし、ヴェチェーンが今後普及し、誰でも簡単に、瞬時に真贋判定を行えるようになると、もはやどれほど本物そっくりの偽物が市場に流通していたとしても、市場を騙すことが困難になるでしょう。


ヴェチェーンの特徴

ヴェチェーンの最大の特徴は、この真贋判定のプラットフォームにあります。ただ、どのような仕組みでヴェチェーンは真贋判定を行うのでしょう?

ヴェチェーンを使用する場合、まずチップを本物の商品に組み込みことになります。そのチップを調べることで、常に本物か偽物かを調べることができるようになります。

このチップの情報はスマホで読み取ることが可能です。そのため、専用の機器を持っていない消費者であっても、スマホさえあればすぐに目の前の商品は本物か、それとも偽物かを識別することができるのです。

チップといっても、そこにはブロックチェーンの技術があるだけに、チップの偽造や改竄はほぼ不可能です。そのため、ヴェチェーンのチップが仕込まれている商品は、確実に本物だと判定できます。

ヴェチェーンの凄いところは、真贋判定ができることだけではありません。他にも、流通の経路なども同時に知ることができるため、この食品はどこで作られたのか、この医療品はどのような経路で作られたのかなど、一つ一つの商品の流通のプロセスも知ることができます。

同じ商品であっても、劣悪な環境で生産された商品と、優良な環境で生産された商品とでは、やはり後者の方が消費者にとって良き商品です。

ヴェチェーンは偽物やコピー品だけでなく、劣悪な商品ですら市場から追い出せるほどの効力を持っています。まさに、偽物や粗悪品の被害に悩まされている国ほど、ヴェチェーンはニーズのある仮想通貨なのです。



ヴェチェーンを取扱っている取引所

ヴェチェーンは確かに将来性のある仮想通貨なのですが、まだ公開されて間もないということもあってか、国内の取引所はどこもヴェチェーンを取り扱っていません。

そのため、ヴェチェーンを購入するためには、海外の取引所を用いることになります。

ヴェチェーンを取り扱っている取引所というと、Binance、HitBTC、Huobi、KuCoinなどがあります。海外でもまだまだ取り扱っている取引所の数が少ない仮想通貨です。そのせいか、期待値が高い反面、価格はまだまだ安いです。

ただ、ヴェチェーンはビジネスで役立つプラットフォームを提供している仮想通貨です。今後、取扱う取引所の数が増えれば、それに比例して価格が増大する見込みがとても高いです。

なにより、ヴェチェーンはIoTとの相性が非常に良い仮想通貨です。大手企業や有名企業がヴェチェーンに注目し、ビジネスに取り入れるようになれば、否応なしにヴェチェーンの価格も値上がりすることでしょう。

それだけに、まだ取り扱っている取引所が少なく、そのせいで価値が低くなっているヴェチェーンは、今が買い時の仮想通貨なのかもしれません。